2020/03/29 サイトデザインを変更しました

【マイクラ】スコアボードを表示するプラグイン”Scoreboard-revision”の使い方

3 min 1,176 views

プラグインのダウンロード

ダウンロード方法

1. プラグインをダウンロード

[yoko2 responsive][cell]Spigotでのダウンロード方法[/cell][cell]Spigotリソースページの右上にある紺色のボタンをクリックしてダウンロードを開始します。稀に別ページでダウンロードさせられることがありますが、別ページでの手順に従ってダウンロードしましょう。[/cell][/yoko2]

2. プラグインをサーバーへ導入

[yoko2 responsive][cell]Spigotでのダウンロード方法[/cell][cell]ダウンロードしたプラグイン(.jarファイル)を自分のサーバーのpluginsフォルダに入れます。[/cell][/yoko2]

3. サーバーを再起動

[yoko2 responsive][cell]Spigotでのダウンロード方法[/cell][cell]サーバー内またはコンソールで/reload(コンソールは/を付けない)コマンドを打って再起動しましょう。導入しているプラグインによっては/reloadコマンドの使用が制限されていることもあるので、その際はサーバーを一度閉じてからもう一度起動しましょう。[/cell][/yoko2]

プラグインの設定

Scoreboard-revision

プラグインを導入すると上記のように右側にスコアボードが表示されます。

このスコアボードの各行の文字列はsettings.ymlで変更できます。

PlaceholderAPIを使用すればプレイヤー情報なども記載することができます。

settings.yml

[open title=’settings.yml’][codebox title=”settings.yml”]

[/codebox][/open]

各項目の説明

項目 説明
safe-mode スコアボードをサーバーを同期させるか否かを設定します。
同期させると安定して動き、非同期だとより高速に動きますが、不具合が生じる恐れがあります。
longline サーバーバージョンが1.13より上であれば、trueにすることで最大128文字までスコアボードの各行に文字を入れることができます。
1.13よりも下であればfalseにしてください(最大32文字まで文字を入れることができます)。
disabled-worlds スコアボードを非表示にするワールドを設定します。
非表示にしたいワールド名をリストに入れます。
interval スコアボードの各行の更新頻度を設定します。
アニメーションを設定している際や、Placeholderを設定している場合は低めに設定すると良いでしょう。
liner スコアボードの各行に表示する文字列を設定します。
複数の文字列をリストにすることでアニメーションを作成することも可能です。

文字列に色を付けたい場合

マインクラフトの装飾コード(Color Codes)を使用します。

マインクラフト装飾コード

上記のサイトに載っている装飾コードを文字列の前に付けるだけで色が付きます。

(バニラでは§マークが使用されますが、大抵のプラグインでは&マークが使用されます)

例: &6MinecraftMinecraft
例: &lBoldBold

主なコマンド、権限

コマンド 説明 権限
/sb reload このプラグインの設定を再読み込みします。
settings.ymlファイルを変更した際などに使用すると良いでしょう。
scoreboard.reload

プラグインの良いところ

このプラグインの特徴

ココがポイント!

  • 最小限に抑えたラグ
  • 非同期対応で他のプラグインと干渉しない
  • 簡単に設定できるアニメーション
  • PlaceholderAPI対応
  • 最大128文字対応(1.13以上)

[say img=”” name=”ななしくん” from=”right”]色んな機能があるのに軽いってコレってまさか凄い!?
他のプラグインと比べてみよう![/say]

他のプラグインとの比較

プラグイン Scoreboard-revision Quickboard AnimatedScoreboard Featherboard
今も開発が続いている
100%無料
行別に更新頻度変更
非同期対応
(比較的動作が軽い)

(干渉し、ラグがひどい)

(干渉し、ラグがひどい)

(比較的動作が軽い)
128文字対応(1.13以上)
(32文字まで)
複数ワールド対応
(ブラックリスト型)

(ホワイトリスト型)

(少しラグい)

(少しラグい)
Placeholder対応 PlaceholdeAPI
MVdWPlaceholderAPI
PlaceholdeAPI
MVdWPlaceholderAPI
PlaceholdeAPI
MVdWPlaceholderAPI
MVdWPlaceholderAPI
オープンソース

※上記の表はSpigotリソースページから引用したものです。

まとめ

今回はマインクラフトPC版(Minecraft Java Edition)のスコアボードプラグイン”Scoreboard-revision”を紹介しました。

このプラグインは簡単に設定できて非常に使い勝手が良いので、初心者の方にもおすすめです。

その上、サーバーに負担をかけないコーディングなのでスコアボードプラグインの中ではトップの代物でしょう。

ぜひ皆さんも使ってみてください。

7shi321

7shi321

(∀`*ゞ)エヘヘ

当サイトを運営しています名無しです。由来は名前が浮かばなかったので適当につけました。アイコンは「グッジョブ」と認識するか「表出ろ」と認識するかはお任せします。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA