2020/03/29 サイトデザインを変更しました

【AviUtl】映像の1コマを透過画像ファイルにして出力する方法

2 min 284 views

必要なもの

使用するソフト

AviUtl

AviUtl無料で使える動画編集ソフト。有料ソフトと同等、それ以上の機能を兼ねそろえている超高機能動画編集ソフト。

AviUtlについてはこちら

使用するソフト

7zip

7zip無料で使える高圧縮率のファイルアーカイバ(圧縮・展開/圧縮・解凍ソフト)です。色々なファイル形式に対応しており、とても使いやすいメジャーなソフトです。

AviUtlだけで出力する方法

AviUtlの画面を右クリックしてクリップボードに主力イメージをコピーをクリックします。

AviUtlの今の画面の状態がコピーされるので、何でもよいので画像編集ソフトを開きます。そこでCtrl+Vでペーストします。

すると画像編集ソフトに先程コピーした画像が表示されるので、それを保存します。

[alert title=”注意”]この方法の場合、背景を透過することができないので注意してください。背景を透過して保存したい場合は次の方法を試してください。[/alert]

PNG出力プラグインを使用する方法

yu_noimage_()氏が公開しているPNG出力プラグインを使用します。

[timeline] [tl label=’STEP 1′ title=”]ダウンロードページへアクセスし、PNG出力をダウンロードする。[/tl] [tl label=’STEP 2′ title=”]ダウンロードしたファイルを解凍します(7zipなど)。[/tl] [tl label=’STEP 3′ title=”]解凍したファイルの中にあるauls_outputpng.aufをAviUtlのpluginsフォルダに移動します。[/tl][/timeline]

1. プラグインをダウンロード

ダウンロードページへアクセス
プラグインをダウンロードする

2. ファイルを解凍(展開)

※7zipを使用している場合の説明です
ダウンロードしたファイルを右クリック
7zip 展開…の順でクリック
解凍前のファイルと同じ場所に解凍後のファイルができる

3. pluginsフォルダへ移動

auls_outputpng.aufpluginsフォルダへドラッグ&ドロップ
AviUtlを再起動

[memo title=”pluginsフォルダが見つからない場合”]

aviutl.exeのショートカットを右クリックしてファイルの場所を開く(I)をクリックします。するとpluginsがあるフォルダが開きます。

それでも見つからない場合は、pluginsフォルダがないのでaviutl.exeがあるフォルダにpluginsフォルダを新規作成してください。[/memo]

プラグインをフォルダに移動した後はAviUtlを一度再起動しましょう(プロジェクトの保存を忘れずに)

プラグイン導入後は画面上部の編集 PNG出力で画像ファイル(.png)に出力できます。

背景を透過したい場合はアルファPNG形式を選択してください。

AviUtlで綺麗なテキストを作る

[card id=”2144″]

7shi321

7shi321

(∀`*ゞ)エヘヘ

当サイトを運営しています名無しです。由来は名前が浮かばなかったので適当につけました。アイコンは「グッジョブ」と認識するか「表出ろ」と認識するかはお任せします。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA